パフューム ある人殺しの物語 (2006) / Perfume: The Story of a Murderer

18世紀のパリを舞台にしたパトリック・ジュースキントの『香水 ある人殺しの物語』の映画化。2006年製作のドイツ・フランス・スペイン合作映画。PG-12
監督:トム・ティクヴァ
キャスト:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン、レイチェル・ハード=ウッド、ジョン・ハート

 ・ amazon : パフューム ある人殺しの物語 (2006) / Perfume: The Story of a Murderer
 ・ amazon prime : パフューム ある人殺しの物語 (2006) / Perfume: The Story of a Murderer
 ・ Hulu : パフューム ある人殺しの物語 (2006) / Perfume: The Story of a Murderer
 ・ Netflix : パフューム ある人殺しの物語 (2006) / Perfume: The Story of a Murderer
 ・ U-NEXT : パフューム ある人殺しの物語 (2006) / Perfume: The Story of a Murderer
 ・ dTV : パフューム ある人殺しの物語 (2006) / Perfume: The Story of a Murderer
 ・ GYAO : パフューム ある人殺しの物語 (2006) / Perfume: The Story of a Murderer
 ・ Youtube : パフューム ある人殺しの物語 (2006) / Perfume: The Story of a Murderer

パフューム ある人殺しの物語 (2006) / Perfume: The Story of a Murdererのあらすじ

18世紀のフランス・パリ。悪臭漂う魚市場で、一人の赤子が産み落とされた。やがて孤児院で育てられたその男児の名はジャン=バティスト・グルヌイユといい、生まれながらにして数キロ先の匂いをも感じ取れるほどの超人的な嗅覚を持っていた。

成長したグルヌイユ(ベン・ウィショー)はある日、街ですばらしい香りに出合う。その香りを辿っていくとそこには1人の赤毛の少女がいた。少女の体臭にこの上ない心地よさを覚えるグルヌイユであったが、誤ってその少女を殺害してしまう。少女の香りは永遠に失われてしまった。しかしその香りを忘れられないグルヌイユは、少女の香りを再現しようと考え、橋の上に店を構えるイタリア人のかつて売れっ子だった調香師バルディー(ダスティン・ホフマン)に弟子入りし、香水の製法を学ぶ。同時にその天才的な嗅覚を生かして新たな香水を考え、バルディーニの店に客を呼び戻す。

さらなる調香技術を学ぶため、香水の街・グラースへ旅に出るグルヌイユはその道中、なぜか自分だけ体臭が一切ないことに気づく。グラースで彼は、裕福な商人・リシ(アラン・リックマン)の娘・ローラ(レイチェル・ハード=ウッド)を見つける。以前街角で殺してしまった赤毛の少女にそっくりなローラから漂う体臭は、まさにあの運命的な香りそのものだった。これを香水にしたい、という究極の欲望に駆られたグルヌイユは、脂に匂いを移す高度な調香法である「冷浸法」を習得する。 そして時同じくして、若い美少女が次々と殺される事件が起こり、グラースの街を恐怖に陥れる。髪を短く刈り上げられ、全裸で見つかる美少女たち。グルヌイユは既に禁断の香水作りに着手していたのだった……。

関連記事

  1. ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008) / The Curious Case of Benjamin Button

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。