華麗なるギャツビー (2012) / The Great Gatsby

F・スコット・フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャツビー」を『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、レオナルド・ディカプリオを主演に迎え、独自の解釈で映画化したラブストーリー。ある日突然、人々の前に現れたミステリアスな大富豪ギャツビーの知られざる過去と、上流階級の女性との禁じられた愛が描かれる。
監督:バズ・ラーマン
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、キャリー・マリガン、トビー・マグワイア ほか
 ・ amazon : 華麗なるギャツビー (2012) / The Great Gatsby
 ・ Netflix : 華麗なるギャツビー (2012) / The Great Gatsby
 ・ Hulu : 華麗なるギャツビー (2012) / The Great Gatsby
 ・ U-NEXT : 華麗なるギャツビー (2012) / The Great Gatsby
 ・ dTV : 華麗なるギャツビー (2012) / The Great Gatsby
 ・ Youtube : 華麗なるギャツビー (2012) / The Great Gatsby

華麗なるギャツビー (2012) / The Great Gatsby

1920年代。ジャズと禁酒法の時代。アメリカン・ドリームを追い求め、故郷の中西部からニューヨークへとやって来た作家志望のニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)は、宮殿のような豪邸で毎夜豪華絢爛なパーティーを開く謎めいた大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)の隣に居を構える。港を隔てた向こう岸には、いとこのデイジー(キャリー・マリガン)とその夫で女好きのトム・ブキャナン(ジョエル・エドガートン)が住む邸宅があった。そんなある日、ニックはギャツビーから彼の生い立ちを打ち明けられる。裕福な名家に生まれ、ヨーロッパで宝石や名画に囲まれた贅沢な暮らしを送った後、戦争で数々の勲章を受けて英雄となり、両親が亡くなった今は天涯孤独の身だという。だがそんな出来すぎた話に、ニックは「ギャツビーは何かを隠している」と直感する。やがて、耳を疑う噂と危険な人脈、そしてデイジーとの禁じられた恋が、少しずつギャツビーの華麗な仮面をはがしていくのだった……。

関連記事

  1. ウォーク・トゥ・リメンバー (2002) / A Walk to Remember

  2. いつか晴れた日に (1995) / Sense and Sensibility

  3. プライドと偏見 (2005) : Pride and Prejudice

  4. SAYURI (2005) / Memoirs of a Geisha

  5. 親愛なるきみへ (2010) : Dear John

  6. メッセージ・イン・ア・ボトル (1999) : Message in a Bottle

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。