つぐない (2008) : Atonement

人気女優キーラ・ナイトレイが「プライドと偏見」の監督と再び組み、ベストセラー「贖罪」の映画化に挑んだ大河ロマン。戦争によって翻弄される男女3人の痛切な運命が展開。

イアン・マキューアンの『贖罪』を、2005年公開の『プライドと偏見』のスタッフ・キャストで映画化した作品。第64回ヴェネツィア国際映画祭でオープニング作品として上映された。

第65回ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)と第61回英国アカデミー賞作品賞受賞。第80回アカデミー賞では作品賞を始めとする7部門にノミネートされ、作曲賞を受賞した。

監督:ジョー・ライト
出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ベネディクト・カンバーバッチ、アンソニー・ミンゲラ、パトリック・ケネディ、ジュノ―・テンプル、ロモーラ・ガライ

amazon : つぐない (2008)

prime video : つぐない (2008)

・U-NEXT : つぐない (2008)

・NetFlix : つぐない (2008)

YouTube : つぐない (2008)

つぐない (2008)のあらすじ

1935年、英国の令嬢セシーリアが、妹ブライオニーの嘘によって愛し合うロビーとの仲を引き裂かれてしまう。4年後、ロビーはセシーリアとの再会を夢見て戦場をさまよい、ブライオニーは罪悪感に苦しむのだった。

つぐない (2008)のストーリー

1935年のイングランド。幼なじみでケンブリッジ大学の同窓生でもある官僚の娘:セシーリア(キーラ・ナイトレイ)と使用人の息子:ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)は、身分の壁を越えて愛し合っている。セシーリアの妹:ブライオニー(シアーシャ・ローナン)は、小説家を夢見る13歳の多感な少女。彼女は、思いを寄せるロビーと姉の噴水での不自然な様子や卑猥な手紙など、大人の恋のやり取りを目撃して強いショックを受ける。姉妹の兄:リーオン(パトリック・ケネディ)が友人のポール(ベネディクト・カンバーバッチ)を連れて戻って来る。姉妹の従姉妹:ローラ(ジュノ―・テンプル)は「双子の弟たちに乱暴された」傷のことをブライオニーに相談する。ローラに同情したブライオニーは、ロビーの卑猥な手紙について彼女に話してしまう。

その夜、ブライオニーは姉とロビーの図書室での情事を目撃し、激しい嫌悪感を抱く。三人は何事もなかったかのようにディナーの席につく。同席したポールの顔には「双子にひっかかれた」傷がある。ほどなくローラの弟たちが家出したことが判明し、一同は敷地内を捜索する。その最中、ローラが何者かに強姦される事件が発生し、ブライオニーはその現場を目撃してしまう。そして、ブライオニーは嫌悪感と思い込みからロビーが犯人であると証言し、彼は連行される。屋敷には、ロビーの母の悲痛な叫びがこだまする。

事件から4年後、ロビーは減刑と引き換えに、海外派遣軍兵士としてフランスへ出征する。しかし戦場は過酷であり、やがてロビーは撤退(ダイナモ作戦)のため、二人の仲間とともにダンケルクを目指す。彼の心の支えとなるのは、出征直前にセシーリアと再会し互いの気持ちを確認し合った記憶と、二人で休暇を過ごすという夢である。

事件から5年後、18歳になっていたブライオニー(ロモーラ・ガライ)は看護婦として働く一方、少女期の体験を下にした小説を出版社に投稿する。ニュース映画でローラとポールが結婚することを知り、二人の結婚式に出席し、真犯人がポールであることを確信する。そして、ブライオニーはセシーリアを訪ね、休暇でそこにいたロビーにも再会する。二人に謝罪し、真犯人が使用人のロビーではなくポールであると語るも、許してはもらえない。

老境を迎えたブライオニーは小説家として成功するも死病に取りつかれる。最新作の「つぐない」についてテレビ番組のインタビューを受ける。現実のロビーはダンケルクで死に、セシーリアはロンドン大空襲で死んだため、自分は二人に会うこともなかったと語る。自分の行為の償いのために、この小説を書き、ハッピーエンディングを用意したと告白する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. いつか晴れた日に (1995) / Sense and Sensibility

  2. きみに読む物語 (2005) / The Notebook

  3. 華麗なるギャツビー (2012) / The Great Gatsby

  4. ブローク・バックマウンテン (2006) / Brokeback Mountain

  5. ウォーク・トゥ・リメンバー (2002) / A Walk to Remember

  6. SAYURI (2005) / Memoirs of a Geisha

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。