いつか晴れた日に (1995) / Sense and Sensibility

『いつか晴れた日に』(いつかはれたひに、原題: Sense and Sensibility)は、1995年製作のアメリカ・イギリス合作映画である。アン・リー監督。ジェーン・オースティン の『分別と多感』が原作であり、原題は原作と同じ。
主演のエマ・トンプソンが脚本を担当しており、第68回アカデミー賞にて脚色賞を受賞した。
監督:アン・リー
キャスト:エマ・トンプソン、ケイト・ウィンスレット、ヒュー・グラント
 ・ amazon : いつか晴れた日に (1995) / Sense and Sensibility
 ・ amazon prime : いつか晴れた日に (1995) / Sense and Sensibility
 ・ Hulu : いつか晴れた日に (1995) / Sense and Sensibility
 ・ dTV : いつか晴れた日に (1995) / Sense and Sensibility
 ・ GYAO : いつか晴れた日に (1995) / Sense and Sensibility
 ・ Youtube : いつか晴れた日に (1995) / Sense and Sensibility

いつか晴れた日に (1995) / Sense and Sensibilityのあらすじ

貴族のダッシュウッド氏が亡くなった後、ダッシュウッド夫人と3人の娘、エリノア、マリアンヌ、マーガレットは、年500ポンドの遺産しか残されなかったことに愕然とする。ダッシュウッド氏は妻と娘たちの身を案じ、死ぬ間際に彼女たちを頼むと先妻との間の息子ジョンに頼んでいたにもかかわらず、ジョンの妻ファニーがそれを阻止してしまったのだった。ジョンとファニーは母娘が住んでいたノーランド・パーク邸に乗り込み、彼女たちを邪慳に扱うようになる。エリノアは、屋敷を訪れたファニーの弟エドワードと互いに好感を抱く。

ダッシュウッド母娘はミドルトン卿の厚意でバートン・コテージへ移り住む。マリアンヌは年の離れたブランドン大佐から愛情を寄せられるが、彼女は精悍な青年貴族ウィロビーと恋仲になってしまう。しかし、ウィロビーは理由も告げずにロンドンへ去り、マリアンヌは悲しみに沈む。一方、エリノアはエドワードの秘密の婚約者ルーシーの存在に大きな衝撃を受ける。ジェニングス夫人の招待で、失意のエリノアとマリアンヌ姉妹、そしてルーシーはロンドンを訪れるが、そこでは思いがけない事態が待っているのだった。

関連記事

  1. ブローク・バックマウンテン (2006) / Brokeback Mountain

  2. Emma エマ (1996) : Emma

  3. 華麗なるギャツビー (2012) / The Great Gatsby

  4. きみに読む物語 (2005) / The Notebook

  5. ウォーク・トゥ・リメンバー (2002) / A Walk to Remember

  6. SAYURI (2005) / Memoirs of a Geisha

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。