ニューオーリンズ・トライアル (2003)

人気作家、ジョン・グリシャムの「陪審評決」を映画化した法廷サスペンス。銃社会を題材に、弁護士や陪審コンサルタント、陪審員たちが法廷の裏側で繰り広げる戦いを描く。

監督:ゲイリー・フレダー
出演:ジョン・キューザック、レイチェル・ワイズ、ジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン

・ amazon : ニューオーリンズ・トライアル (2003)
・ prime video : ニューオーリンズ・トライアル (2003)
・ U-NEXT : ニューオーリンズ・トライアル (2003)
・ dTV : ニューオーリンズ・トライアル (2003)
・ YouTube : ニューオーリンズ・トライアル (2003)

ニューオーリンズ・トライアル (2003)のストーリー

ニューオーリンズで銃乱射事件が起き、犯人は11人を殺害したのち自殺する。この事件で夫を亡くしたセレステはベテラン弁護士・ローア(ダスティン・ホフマン)を雇い、犯行に使われた銃器の製造と販売責任を求めて、銃を製造したヴィックスバーグ社を訴える。ここに全米が注目する銃規制裁判が始まる。

絶対に勝たねばならない被告側のヴィックスバーグ社及び加入する銃協会は、伝説の陪審コンサルタント・フィッチ(ジーン・ハックマン)を雇う。フィッチは最新技術や心理学などありとあらゆる手段を用いて、陪審員の選別から裏工作まで進めていく。一方で、巧みな演技で陪審員に選ばれた男ニック(ジョン・キューザック)は、謎の女マーリー(レイチェル・ワイズ)と組んで内から陪審員の操作を行い、原告と被告に「陪審員、売ります」のメモを送り付ける。

ローアはその正義感の強さから取り合わず、フィッチも取り合わなかった。しかし、どう転ぶかわからない一進一退の裁判、そして工作をことごとく潰されたフィッチは焦り出し、結審の日、マーリーに代金を送り、陪審の買収を願い出る。勝利を確信したフィッチに、前もってニックを調べさせていた部下から、彼らの素性が知らされる。ニックとマーリーの正体は、かつてフィッチが陪審員操作で無理に勝訴させた事件の被害者の知り合いであった。

狼狽するフィッチの不安は的中し、判決では原告が勝訴、ヴィックスバーグ社は敗訴する。絶望しながら裁判所を退場したフィッチの前にニックとマーリーが現れる。2人はフィッチに2度と陪審員操作に関わらないことを要求し、従わない場合には送金の証明書(陪審員操作の証拠)を当局に送ると脅迫する。フィッチはキャリアと名声を全て失い、ニックとマーリーは復讐を果たす。

  • コメント: 0

関連記事

  1. シービスケット (2003) : Seabiscuit

  2. ザ・クライアント 依頼人 (1994)

  3. クイーンズ・ギャンビット (2020) : The Queen’s Gambit

  4. 評決のとき (1996)

  5. レインメーカー (1997)

  6. ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。